商品案内
トップページ
トップページ

誕生と健やかな成長の記録帳として用います。誕生記に記された出生時の記憶は大切な足跡として、よき思い出の品となります。

お産が安産であったことを感謝し、子犬のようにスクスクと元気に育つようにと願いを込めて贈るお祝い玩具です。宮詣りが済んだ後は部屋に飾っておきます。子供の魔除けとしての縁起物でもあります。

お宮詣りの由来とは・・・

お宮詣りは、生後、初めて、その土地の氏神様にお詣りし、赤ちゃんが無事に誕生したことを伝え、晴れて氏子の仲間入りをしたことを認めてもらうための大切な儀式に始まりました。今日では、氏神様とか氏子という観念も薄れ、子供が健やかに、つつがなく育つようにと願って、お詣りする人が多いようです。また、お詣りは神社ばかりでなく、いわゆる守護神である天神様や稲荷、不動尊や観音様の場合もあります。

お宮詣りの仕方は・・・

正式には、父親側の祖母が赤ちゃんを抱いて、母親が一緒に付き添うのがしきたりです。しかし、最近ではそれにこだわらずに、父親が付き添ったり、祖父母がそれに加わったりして、なごやかに行われているようです。お宮詣りの仕方は、神前でお賽銭をあげ、鈴を鳴らし合掌して赤ちゃんの幸せを祈願するだけでもかまいません。丁寧にしたい場合には社務所に申し出て、神官のお祓いを受けて、祝詞を上げてもらいます。神社によっては事前に申し込みが必要なところもあるので、確認しておきます。このときの「御初穂料」ですが、地域や神社によってさまざまですから、お年寄りや知人など、経験者に相談するのがよいでしょう。

お宮詣りをする時期は・・・

お宮詣りをする時期は地方によっても異なりますが、男児の場合は生後31日目、女児の場合は、33日目が最も一般的です。しかし、日取りにはあまりこだわらず、赤ちゃんの健康や母親の産後の回復状況などを考慮し、晴れて気持のよい日にすることが大切です。また、暑さ寒さのきびしい季節は、気候がよくなるまで延ばしてもかまいません。

赤ちゃんのお祝い着は・・・

赤ちゃんのお祝い着は、男児なら黒地の羽二重に家紋をつけ、熨斗目模様に松や鶴、波などおめでたい模様を描いた紋付祝着。女児は鶴や手まりといった吉祥模様を、染めと刺繍で描いた友禅や絞りなどの振袖をかけます。これが赤ちゃんの正装です。また、赤ちゃんのお祝用の帽子、よだれかけ、巾着などもセットで売っていますから付けてあげましょう。祝着の紐を抱いている人の肩から首に回して、熨斗目とともに後で結びます。

付き添う人の服装は・・・

母親や祖母の服装は、黒留袖や色留袖が正式ですが、普通はそこまでする必要はなく、一つ紋の色無地の着物、訪問着、附下げ、小紋に黒紋付の羽織りなどを着てもかまいません。ただし、お宮詣りの後、出産祝いをいただいた親族や知人宅へお礼に伺うこともあるので、母親と祖母の年齢的なつりあいや、互いの着物のバランスなどを考え、調和のとれた着物を選ぶようにしましょう。

子供の成長を祈る お宮詣り
苺一衣

いちごいちえ

No.2305
長財布
\15,750
No.4405
ポ−チ
\5,775
No.4206
メガネケ-ス
\6,090
No.2501
名刺入
\4,725
No.4303
印鑑入
\1,260
No.1002
小銭入
\1,470
No.2525
パスケ-ス
\2,835